Fieldreport ケンさん Palace ドイツ美人と2発

Palace (5)

Palaceに行ってきました。
タクシーで16ユーロ位とまぁまぁな金額です。

鉄格子の扉を通って受付に行き、入場料の€75を支払って説明を受けます。
受付からも女性が裸でうろうろしている中の様子が伺え、興奮が高まります(笑)

受付を済ませると、腕にリストバンドを着けられ、ロッカーの鍵が渡されます。
この鍵は受付前の貴重品を入れるロッカーと更衣室のロッカー共通の鍵です。

貴重品を受付前のロッカーに入れ、ロッカーで服を脱ぎ、まずは戦闘準備ということでシャワーを浴びます。
すっきりしてさぁ行くか、ということでガウンを羽織って出陣です。

市内に近く仕事帰りなのか、スーツで来ている人も結構います。


The Palaceは照明も暗めで、音楽の音量も大きく結構やかましい感じです。
ジャグジーやプール、個室がいくつかあり、煙草を吸う方は禁煙室を利用することになります。

D Cup Comparative 6


入ってすぐ、いきなりですが一人で座っている女の子が気になります。


ガウンに着替え、シャワーを浴びて念入りに身体を洗います。
仕切りなどなく、他の男性がシャワーを浴びていれば、モロにナニが見えます(笑)

ガウンをまとい、いざ出陣。  

メインフロアーに入った瞬間、一人で座ってる女の子に目がとまりました。

綺麗系で知的な感じの子で、いきなり一目惚れです(笑)
来るまでむらむらしていたのも手伝っていきなりですがこの子とプレイしたくなっちゃいました。

女の子のところに行き、「I want you」と言います。
いきなりだったので女の子がぽかんとしていましたが、すぐ笑顔になり、「Do you want to enjoy with me?」と誘ってきます。

いつもはもう少し丁寧に選びますが、こんなに綺麗な子を見たことは無かったので、「All including €50 ?」と確認します。
ガツガツしていたのでちょっと引いた感じですが、すぐに笑顔でYesと答えてくれます。

交渉成立したのでそのままプレイルームに移動します。
先ほどは座っていたので分かりませんでしたが、身長173cmと身長も高く、体も締まっていてモデル並のスタイルです。
顔つきも知的な感じで、大企業で秘書でもしていそうな感じの子です。
会話してみるとドイツの子で21歳、学生をしているそうです。

こんなきれいな子とプレイできるなんて、、とドキドキしてしまいます。

Angeline Look-alike

プレイルームに行くと女の子に横になるように言われるので、横になるとプレイ開始です。
女の子が覆いかぶさってきてキスからリップサービス、乳首舐めと丁寧にサービスしてくれます。
乳首は綺麗なピンク色で、アジア人のように自己主張は強くなく、胸はD位とちょうどいいです。
写真にしたらプレイボーイの表紙になってしまいそうです。

しばらく堪能しましたが、こちらも攻めたいと思い、体を起こしてポジションを入れ替えます。
キスすると彼女も舌を出してきてくれます。

それこそハリウッド映画のベッドシーンのような濃厚なディープキスで、視覚でも興奮してきます。
肌もきめが細かく、触ったり舐めたりして味わいます。

優しく愛撫すると、興奮しているのか女の子の体も火照ってきており、準備万端という感じです。

段々と下半身に移動し、女の子の女性器をまじかで確認しますが、大陰唇は小さく、それこそ少女のように一本の筋しか出ていません。
なかなかお目にかかれない芸術品なので、いつもよりも気合を入れてなめまわします。
匂いも嫌な味もなく、それこそずっと舐めていそうです。女の子も甲高い声を出しながらあえいでいます。

69の状態になって下からも眺めますが、プリッとしたお尻に綺麗なピンクな女性器を舐めているだけでも興奮しますが、女の子も激しくフェラをしてくれるのでこりゃまずいということで体を入れ替えて正常位で挿入です。

キスをしながら突きますが、芸術的なお尻も味わいたいとバック(ドギースタイル)に変えてもらって突きまくります。  

日本人だとなかなか腰の位置が合わずに本気でつけませんが、この子は股下も長くちょうどいい位置に居てくれるので激しく突きまくります。

女の子も喘ぎ声が変化し、”Come Come”とイキそうになっているようです。
激しくツキまくって最後は一番奥で発射です。

日本から貯めてきたのもあって、今まで出たことない量が出ました。
しばらく余韻を楽しみ、女の子とは部屋を出て分かれます。

激しくついて腰も疲れたので、一回椅子に座って休憩です。

palace_sasha_01


最初の子は入っていきなり決めましたが、一発終わらせてちょっと冷静になりじっくりと女の子を眺めます。
この日は女の子は40人くらい、男性は50人くらいで白人だけではなくアジア人も結構います。

女の子はモデル級で町ですれ違っても視線が行ってしまうような子が10人くらい、普通に美人な子は15人位でした。
国籍はバリエーション豊かで、ブロンド、白い肌の女の子ばかりというわけでもなく、ブラジルからの女の子などいろいろな国から来ているようでした。

ここは結構営業が強くて、座ってるだけでもひっきりなしに女の子から話しかけられます。
男性側もゆっくりと長時間いるという感じでもなく、プレイ終わったらさっと帰る感じなので回転率が高いのでしょう。
さすがにモデル級の子は自分から営業に回っていないので、自分から行かないといけません。

女の子も結構強めなので、慣れてないとうまくあしらえないと思うので、初心者の方向けではないかもしれません。


ちなみにFKKでは有名な話ですが、日本人だとよく”No thank you"だと強いので”Next time”と断ることが多いですが、女の子からするとこれは次ぎ回って来たらね、というニュアンスに感じるらしく、すぐ戻ってくるのでちゃんと”Not today"と答えたほうがいいです。

しばらく女の子を眺めて、少しカフェテリアで食事してから(あんまりおいしくないですが・・・。)次の子を探します。
一回すっきりしているので今度は冷静にベストな子を探します。


しばらく回ると、かなり背の高い女の子が目につき、同じように「I want you」、「All including €50 ?」で交渉しプレイルームへ。
途中でどの体位が好きか聞いてみると、正常位とのことです。
なんでもキスしながらの正常位が一番ハードだから好きだとのことです。

D Cups Comparative 2

この子は背も高いですが、髪も長く、目も綺麗な色をしていて、知的な美人だった最初の子とは違ってちょっと小悪魔的な感じです。
さっそくプレイルームに一緒に入り、先ほどと同じような流れで正常位で挿入。
ちょっと腰も疲れていたので、ポジションチェンジはせずに、女の子の好きなキスをしながらのピストンで激しく攻めます。
女の子の背は高いですが、足が長いので正常位だと日本の子と同じような感じでちょうどよくキスも出来てピストンもスムーズです。

2回目なので長持ちするので、パンパンと激しく腰を打ち付けますが、女の子も感じているようで舌を出してこちらの口の中に攻めてきます。
激しく唾液を交換し合います。
キスをしたまま強く抱き合いながらFinishです。

2発こなしてすっきりしたので、最後にシャワーを浴びて部屋を後にします。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

≪PREVHOMENEXT≫
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
AD
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Field Reportの投稿お待ちしております!

AD
リンク